ロゴ

お問い合せは蓼科企画まで0266-82-7741

[インタビュー] Beer&Cafe 大麦小麦 岡部 美香 様

2016.4.23

この記事をシェアTweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素敵なお店や宿がたくさんある蓼科・八ヶ岳エリア。
本サイトをご覧の皆様のなかには、これから開業を目指している方もいらっしゃるでしょう。

「インタビュー」では、
蓼科・八ヶ岳エリアでお店や宿を営業されている方の
開業にあたっての想いや、これから開業される方へのアドバイスをお伝えしていきます。

今回は2016年6月で開業14年目を迎える人気のBeer&Cafe「大麦小麦」の岡部美香さんにお話を伺いました。

八ヶ岳山麓の明るさに惹かれて。

ーはじめに、茅野市に来られたきっかけを教えてください。

関東出身なんですけど、山登りが好きで、長和町のペンションで働き始めたんです。
ちょこっと働いて、また戻ろうかと思ってたんだけど・・・「帰りたくない!」って言って、そのまま住み着くことに(笑)。

とても楽しかったし、人間関係的にも居心地が良かったのですが、
北側の斜面にいたので日が沈むのが早くて、なんとなく寂しい感じがしていました。

そこで、気分転換に遊びに来ていたのが八ヶ岳だったんです。
八ヶ岳山麓は開けていて明るくて、ここは良い、次に住むならここだ、と思って
蓼科高原にあるレストランで働くことにしました。

インタビューに応えてくださった岡部さん。

インタビューに応えてくださった岡部さん。

「なんとかなる!」で14年目。

ーそこからどのように開業されるに至ったのでしょうか。

その蓼科のレストランで、今一緒に大麦小麦をやっている相方に出会いまして・・・
「まあ、なんとかなるさ!」って勢いでお店を始めましたね。

あっという間にもうすぐ14年。
そんなんで良く続いてるなあと思います。皆さんのおかげさまですね。

春限定メニューの「新玉ねぎと合い挽き肉のファルシー」。とろとろの玉ねぎが甘くて絶品です。

春限定メニューの「新玉ねぎと合い挽き肉のファルシー」。とろとろの玉ねぎが甘くて絶品です。

移住者の多さが決め手。価値観の合う人が集まってくる。

ー物件の決め手は何でしたか?

ちょうど同じ時期にレストランを開業した知り合いが、この物件を教えてくれたんです。
「自分たちには条件が合わなかったけど、岡部さんたちにはちょうどいいんじゃない?」って。

ここはもともとスナックでした。
それでその知り合いと、不動産屋さんと夜に見に来たのですが、
窓から茅野〜諏訪の夜景が見えたんです。
「なんか眺め良さそうだし、ここにしよう!」という感じで決めてしまいました。

岡谷市にも物件候補があったのですが、
移住者が多いという面でも茅野市がいいなと思いました。

茅野市は、私たちと同じように、八ヶ岳が好きで移住してきた人がとても多いです。
同じものが好きということで、気の合う方が多くすぐに仲良くなれます。

同時に、この場所は山の上でもないので地元の方も来てくれるし、
諏訪中央病院の近くなので、病院関係の常連さんもたくさんいらっしゃいます。

あと物件は関係ないですが、B型の常連さんが多いです(笑)。
店主がB型らしさ全開だからかなあ。面白いです。

落ち着いた雰囲気の店内。窓の外は明るく開けた景色が広がります。

落ち着いた雰囲気の店内。窓の外は明るく開けた景色が広がります。

土地自体に力がある。全部楽しもう。

ー最後に、これからお店を始めたいと思っている方に一言お願いします!
蓼科、八ヶ岳山麓は、土地自体に力があると感じています。
集まってくる人たちも皆さん力があって魅力的。
私も失敗ばかりで、お客様にも失礼なことをたくさんしていると思います。
この土地の魅力と、お客様の広い心があってこそ、なんだかんだで14年目を迎えることができています。
あまり気を負わずに、「とにかく全部楽しむ!」気持ちでいるのが良いと思っています。
一緒にがんばりましょう!

「なんとかなる!」「ここでいっか!」と、直感で大きな決断をされてきた岡部さん。「とにかく全部楽しむ!」という言葉に、岡部さんがお店作りも含めて、地域で暮らすこと、人生の全てを楽しんでいる様子を感じました。女性スタッフお二人の個性あふれる素敵なお店。ぜひ足を運んでみてください。

大麦小麦
■ 住所 長野県茅野市玉川神之原4164-7
■ TEL 0266-73-7539
■ 定休日 木曜日
 営業時間 平日 12:00~22:00(21:00 L.O.)
土日祝 11:30~22:00(21:00 L.O.)

■Blog http://blog.goo.ne.jp/omugi-komugi
■Facebook https://www.facebook.com/Omugikomugi

writer:及川 結

この記事をシェアTweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0